menu

ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター

アクセス |

平成29年度 入学式における障害学生支援の実施

 4月7日、国際会議場において、平成29年度学群・理療科教員養成施設並びに大学院入学式が挙行されました。
 総務部総務課のご協力の下、各式典において、情報支援や移動支援を実施しました。
 永田恭介学長による式辞や歓迎の歌「IMAGINE THE FUTURE ~未来を想え」などのすべての情報を、パソコン要約筆記支援によりステージ右端のスクリーンに投影し、手話通訳も実施しました。これにより、聴覚に障害のある学生も、ほかの学生とともに学長からのメッセージを受け取り、大学生活への期待に胸を膨らませました。
 このパソコン要約筆記や手話通訳は、本学の学生(ピア・チューター)が担っています。ピア・チューターの活動には他にも講義資料等のデータ化、上肢に障害のある学生の代わりにノートをとるノートテイクなどがあります。今年度もたくさんの新入生と一緒に支援に関する活動ができたらと思っていますので、ピア・チューター活動に興味のある方は、ぜひ「障害学生支援技術」(自由科目特設)を履修し、ピア・チューター養成講座を受講してください。講義の情報については、Web掲示板TIPSをご確認ください。
ピア・チューター活動に興味のある方はこちら↓
http://dac.tsukuba.ac.jp/shien/peertutor/about_peertutor/

 

写真1:永田恭介学長の式辞に対するパソコン要約筆記および手話通訳支援

 

 

写真2:福祉タクシーによる移動支援