menu

ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター

アクセス |

障害別支援

アセスメントサポートルーム


アセスメントサポートルーム(ASルーム)とは?

アセスメントサポートルーム(ASルーム)は第二エリアの2A208室にあります。

個別面談用のスペースと学生用のスペースに分かれています。

学生用スペースは、アセスメント等を通じてDACセンターに支援申請をしている発達障害の診断または傾向のある学生が利用できます。

 

 

 

 


どんなときにASルームを使うの?

(1)学習や休憩場所としての利用

学生が、自分の学習や休憩場所として使用できます。

スキャナ・テプラ(シール作成)・シュレッダー・文房具・ファイル等なども利用できます。

コンセントも利用することができます。

ASルームにはデスクやソファー、バランスボール型の椅子もあるので、自分に合った場所でゆっくり休めます。


(2)修学に役立つ支援技術・ツールの体験および貸出

ASルームは色々なお役立ちツールを用意していて、体験ができます。

試してみて良かったものは、一定期間貸出もできます。

必要であれば、使い方を担当教職員が説明することもできます。

 

(3)発達障害や学生生活、就職に関する書籍の閲覧・貸出

発達障害や学生生活、就職に関する書籍を1人で閲覧することができます。

じっくり読んでみたい時は、書籍の貸出対応も可能です。


(4)グループ活動や各種イベントの開催

ASルームでは、学生または教職員からの企画により、グループ活動やイベントを行うこともできます。


アセスメントサポートルームを利用するには?

DACセンターの支援申請を行った学生で、ASルームの利用を希望する学生はスタッフにご相談ください。

学生用スペースは、スマートロックで管理されており、iOSやAndroidアプリケーションのダウンロードが必要です。

アプリケーションのダウンロード後、スタッフから鍵が発行されます。

ASルームは1人でも心地よく利用できるように、完全予約制になっています。

ASルームを利用する際は、専用の予約サイトを通じて使用する日時を予約してください。