menu

ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター

アクセス |

障害別支援

学生グループ活動


学生グループ活動とは?

DACセンター(アクセシビリティ)では、多様な発達特性のある 学生同士が集まるグループ活動の機会を用意しています。

グループ活動は主に以下のことを目的にしています。

(1)自分のこと・他人のことを理解する(自己理解・他者理解)

(2)困った時の対処法や工夫を見つける(対処法の発見)

(3)お互いに話せる人を見つける(友人・コミュニティづくり)

 

2018年度は以下のグループ活動を月1回程度開催しています。

 

「学生生活エンパワメントグループ」

▶ 学生生活で困っていること、悩んでいることなどをテーマを決めて話し合います

▶ 筑波大生なら誰でも参加OKです(MAX15名まで)

 

「発達障害当事者グループ(女性・男性)」

▶ 発達障害の特性により日々感じること、思うことなどを話し合います

▶ 外部の発達障害当事者との交流などもイベントとして企画しています

▶ 発達障害の診断または傾向があると思う学生が参加できます

▶ 男女別でない発達障害当事者グループ活動も今後開催予定です

 

いずれもお菓子と飲み物を用意して、学生同士、お話しやすい雰囲気を作っております


学生グループ活動に参加するには?

アセスメント等を通じてDACセンターに支援申請をした学生が参加できます。

グループ活動の参加には、事前にメーリングリストに登録する必要がありますので、登録希望の場合にはスタッフにお伝えください。

メーリングリストに登録すると、毎月のグループ活動についてメールが届きますので、参加したい時は参加希望の返信をしてください。

グループ活動は途中入室・退室・不規則参加OKです。