menu

ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター

アクセス |

災害時支援

災害時支援

災害時における障害学生等の避難誘導

大規模災害発生時に障害学生等と避難誘導者双方が安全に避難するためには、日頃から役割と手順を明確にしておくことが大切です。


(1)障害学生が困難とすること

【情報取得】

視覚障害学生・・・周囲の動き、危険な箇所を判断することが困難
聴覚障害学生・・・口頭指示、音声アナウンスの聞き取りが困難

【移動】

視覚障害学生・・・避難の際、ガイドヘルプが必要
運動障害学生・・・歩行機能に障害がある場合、2人以上の支援者が必要


(2)各障害に共通して必要な対応

通常の避難指示・誘導

【発生時】
  1. 危険物から離れる
  2. 急に飛び出さない
  3. 頭を守る
【揺れがおさまったら】
  1. 指定の避難場所へ誘導
  2. 残留者・負傷者確認

通常の対応に加えて行うこと

  1. 屋外避難の際に情報支援や誘導などの支援が必要な人がいるかどうか確認する。(⇒具体的な対応は障害種別のところで!)
  2. 避難に支援が必要だが、近くに支援者がいない場合には、その場で配置する。

(3)障害種別

視覚障害

  • 支援者は、避難の手順、避難経路、周囲の状況などについて、障害学生に適切に口頭で情報提供する。
  • 避難時は、段差、亀裂、障害物(足元、頭上、張り出しなど)等に注意しながら誘導する。
  • 視覚障害学生を誘導する際は、支援者のひじの少し上を視覚障害学生につかんでもらって歩くか、支援者が視覚障害学生の前を歩く。

聴覚障害

  • 支援者は、授業担当教員(避難誘導者)からの説明や校内放送等の音声情報を、以下の方法を組み合わせ、目に見える形で聴覚障害学生に的確に伝達する。
    • 音声、筆談、携帯やスマートフォンへのテキスト入力、板書、空書、手のひらに書く、身振り
  • 避難本部など集合地点に筆談ボードなどを置き、避難後も聴覚障害学生に的確に情報伝達を行う。

運動障害

  • 車いすを利用する運動障害学生については、2名の支援者で本人の前後を抱え、避難させる。
    • 基本的には2名以上の支援者により移動する。
    • 車いすは別の支援者が畳んで運ぶ。無理なら運ばず、障害学生本人の移動を優先する。
    • 車いすに障害学生を乗せたまま運ぶのは、未経験者には危険であり、推奨しない。
    • 1階(フロア階)に担架等がある場合、これによる移動を検討する。
  • キャリダン等の避難介助器具を用いることもよい。

発達障害

  • 全体に避難指示をする際、避難経路や避難場所について、具体的に視覚的な情報と口頭の指示によって、はっきりと簡潔に伝える。
  • 全体指示が伝わっていない学生がいる場合は、個別に伝える。
  • 独力での避難が困難な場合は、職員や近くにいる学生とともに避難するように指示する。

障害学生の避難手順

 

 PDF版ダウンロード


電子掲示板システムでの災害発生(防災訓練)の様子

電子掲示板システムでの災害発生(防災訓練)の様子