menu

ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター

アクセス |

支援内容

入学前後の支援

入学時ガイダンス

例年4月当初に、障害のある新入生と保護者、各教育組織の関係教職員、共通科目に関わる各センターの教職員、アクセシビリティ部門教職員が一堂に会し、入学時ガイダンスを開催しています。

内容

  • 全体ガイダンス
    • 本学における障害学生支援の概要説明
    • 共通科目(外国語、体育、情報)履修方法等の説明
    • 入学式における支援等に関する説明
  • 教育組織ごとの顔合わせ
    • 参加者自己紹介
    • 個別の支援内容・ニーズの確認
  • 個別相談
    • 共通科目履修に関する個別相談
    • アクセシビリティ部門専門スタッフと支援チームとの個別相談
    • 授業時の配慮内容の検討(例:資料の事前送付依頼、車いすでも入れる教室への変更等)

※推薦入試などで入学が早く決定した場合は、早い段階で個別相談の機会を設け、修学上必要な配慮や支援について事前に話し合いを行っています。
※大学院生の場合は、指導教員等が中心となって個別に対応していますが、受け入れが初めてのケース等、対応が困難な場合にはアクセシビリティ部門がサポートしています。

全体ガイダンスの様子

全体ガイダンスの様子

各教育組織の個別相談

各教育組織の個別相談


入学時の支援

入学時ガイダンスにおいて、それぞれのニーズを把握し、それに応じて以下のような支援を行います。

(1)入学式における支援

  • 座席の確保
  • 移動支援
  • パソコン要約筆記による情報支援(スクリーン投影)

パソコン要約筆記による情報支援(スクリーン投影)

(2)オリエンテーション等における支援

オリエンテーション

  • 視覚障害学生や聴覚障害学生に対する情報支援
  • 運動障害学生に対する移動支援

プレイスメントテスト

  • 試験時間延長
  • 解答方法の変更
  • ヒアリング試験免除 など