石川県金沢市

-Kanazawa-

若年性認知症の本人同士が集い、声を出し、活躍する場をつくる

 

Create a place where young people with juvenile dementia can gather, speak,

and play an active part

 若年性認知症の本人が地域で孤立せずに声を出せる場、その子どもたちも思いを話せるつながりを つくりたく、2015年度に有志で「若年性認知症の人と家族と寄り添いつむぐ会」を設立し、若年性認知症の本人の生活実態調査や自治体との協働プロジェクトを進めてきました。

 2017年からは、金沢市から委託を受けて運営する「金沢市若年性認知症カフェ~もの忘れが気になる みんなのHaunt(たまり場)~」を軸に活動を広げています。そこでは本人の「やりたいこと」を活動の中心に置き続け、仲間と語り合うことから新たな絆やつながりが生まれ、互いの力を養っています。また活動の場を、ガラス張りのオープンスペースで街中にある「金沢21世紀美術館」のカフェを中心に置いたことで、積極的に地域の方々を巻き込むこともできています。若年性認知症の本人の声をもとにし、音楽イベントや美術ワークショップ、山登りに挑戦するなど、多様な活動に発展しています。

 若年性認知症の本人の変化として①家族以外のつながりができた②やりたいことを考え言えるようになった③人間関係を再構築することが出来た④次なる行動を起こす自信となった等があります。本人の変化をみた地域の方々からは将棋倶楽部への参加呼びかけがあったり、企業、行政も具体的に行動を起こすようになりました。企業ではWEB会議システムを提供してくれたことで、体調不良の若年性認知症の本人もカフェに遠隔参加できています。また行政は、「金沢市若年性認知症カフェ」と呼応して 「若年性認知症応援団」というプロジェクトを立ち上げました。若年性認知症の人の「~したい」と いう想いや希望実現のため、自分たち(企業・団体・地域の人)にできることで応援するパートナー との橋渡しをするホームページ(http://kanazawa-ypad.jp/)を開設しています。

 若年性認知症のご本人、ご家族、そして活動パートナーの方へ。

まずは金沢市若年性認知症カフェ「もの忘れが気になるみんなのHaunt(たまり場)」にお越しください。新たな出会いの機会を持ち、一緒に語り合いましょう。

(カフェの開催日は下記をご覧ください)

https://www4.city.kanazawa.lg.jp/s/23010/ninntisyou/zyakunenseinintisyoucafe.html

 

 

 

人口

Population

約463,809人

approximately 463,809

高齢化率

Rate of aging

26.5%(2019年10月1日)

26.5%, in 2019/10/1

模擬訓練写真
白光中学校生徒作成ポスター写真

課題

 イベントの参加者がほぼ固定化されており、認知症の診断を受けた直後の人との新たな出会いなど潜在的なニーズにつながりきれていないことに課題を感じています。現在の情報源であるチラシやFacebook等のツール以外に、より多様な情報媒体を用意していきたいと考えています。

具体的には金沢市と協働し医療機関の診察現場で渡してもらえるようなリーフレットを作成して、 可能な限り早く本人の手元に必要な情報が届けられるようにします。

 

 

応援してほしいこと

「若年性認知症の人と家族と寄り添いつむぐ会」の活動の周知にご協力をお願いいたします。

https://tsumugukai.wixsite.com/mysite-3

連絡窓口

Contact person

若年性認知症の人と家族と寄り添いつむぐ会   副代表 道岸 奈緒美 Naomi MICHIGISHI

メールでお問い合わせContact by e-mail

 

竹下一樹写真

Copyright © 2018 100 demenitia friendly community All rights reserved.

Copyright © 2018 100 demenitia friendly community All rights reserved.

模擬訓練写真
白光中学校生徒作成ポスター写真
竹下一樹写真
模擬訓練写真
白光中学校生徒作成ポスター写真
竹下一樹写真