Outline

02 概要

認知症の人にやさしいまちづくりを、このサイトで紹介した地域以外にも広げていくため、あるいは地域の中でもさらに進めていくためには何が必要なのでしょうか。

私たちは、その大切な一つの要素を「評価」することだと考えました。地域の取り組みを評価することで、取り組みの良い点や課題を見える化し、共有することが可能になるからです。

そこで、このサイトでは次の10の項目をもとに、それぞれの地域の取り組みの中で、特に力を入れていることと感じている課題についてまとめてもらっています。

認知症の人にやさしいまちづくりの10の評価項目

1)アート・スポーツ・レクリエーション

2)企業・商店

3)子ども、若者、学生

4)地域住民やボランティア

5)消防・救急・警察

6)医療福祉

7)住居

8)移動・交通

9)働く場づくり・社会への参画

10)認知症の人の声の反映

この10の項目は、英国の取り組みを参考にした最初の8つの項目※1と、これまでに私たちが日本や世界各地の認知症の人にやさしいまちづくりの取り組みをレビューした結果追加した2つの項目※2から構成されています。

将来的には、この10の項目に基づいて、それぞれの地域の特性が一目でわかるように評価の仕組みを整える予定です。

これらの評価は、地域を順位付けするためのものではありません。地域で取り組みに参加する人たちが、自分たちの取り組みがどのような状況にあるのか、何を目指しているのか等を自分たちで振り返るため、そして他の地域の取り組みを知ることで、自分たちの取り組みに活かすためのものです。さらに、地域と地域のつながりを生み出し、「まちづくり」のさまざまな側面に波及することを目的としています。

最終的に、認知症の人も含め、どんな立場・属性の「私たちも」住みやすい「やさしいまち」に向けて、多くの地域のさまざまな取り組みがこのサイトに集まることを願っています。是非、みなさんもご参加ください!

 

※1 Code of practice for the recognition of dementia-friendly communities in England

http://shop.bsigroup.com/forms/PASs/PAS-1365-2015/

※2 「認知症の人にやさしいまちづくり」を評価するために、私たちは「認知症にやさしいまちの指標プロジェクト」を進めてきました。このプロジェクトには、日本各地の認知症にやさしいまちづくりに取り組むキーパーソンにインタビューを行い、まちづくりの鍵となる要素や、取り組みを進めるうえでの段階(最初の一歩をレベル1とすると、レベル5となる理想とするゴールは何か、その中間のレベル3の段階は何か等)を分析することが含まれていました。また、その他に世界各地の取り組みのキーパーソンとも意見交換を重ねてきました。これらの作業や話し合いの中で、「働く場づくり・社会への参画」と「認知症の人の声の反映」は特に共通して重要な観点であると合意が得られたため、追加しました。

 

<認知症にやさしいまちの指標プロジェクト>

「認知症にやさしいまちの指標プロジェクト」は、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(Dementia Friendly Japan Initiative: DFJI、企業・自治体・NPOなどのセクターを越えて、 認知症の課題を起点に未来を考えアクションを起こしていくネットワーク)のプロジェクトのひとつです。「地域の評価は地域が行う」ことを目指し、地域主体のアプローチ(ボトムアップ型)で評価指標を開発することを進めています。詳細については下記のWebページをご参照下さい。

 

プロジェクトについて

DFJIのWebページ

http://www.dementia-friendly-japan.jp

評価の具体的な内容について

Web医療と介護の記事

https://info.shaho.co.jp/iryou/column/201801/4656/

When creating dementia-friendly communities (dfc), what is the prerequisite for expanding into other communities or to progress further within these communities?

We believe one of the most important elements is “evaluation.”

The evaluation of a community’s progress towards becoming dementia-friendly leads to the visualization of best practices and challenges and the sharing of knowledge.

On this website, each community can summarize its activities based on the following ten features, which are especially focused on their areas of strength and areas that pose challenges.

1) arts, culture, leisure and recreation

2) businesses and shops

3) children, young people and students

4) people living in community and voluntary groups/organizations

5) emergency services and police

6) health and social care

7) housing

8) transport

9) creating places both to work and participate in the community

10) creating a community that listens to the voice of people living with dementia

The first eight items refer to UK initiatives,*1 and the last two items were added after reviewing community efforts towards becoming dementia-friendly in Japan and overseas.*2

We are preparing to characterize each community using the 10 features of evaluation.

Our suggestion is not to rank each community based on their effort, but for people who address dfc activities to become aware of other communities and apply this evaluation to their own activities and goals. Further, we hope this action will connect different communities and spread the initiatives in not only dementia-friendly aspect of communities but also other aspects of these communities’ identities as well.

We hope that many diverse communities will gather on this website and share their knowledge and experiences of becoming “all inclusive” communities. Join us!

 

*1  The code of practice for the recognition of dfcs in England is available at the following link:

http://shop.bsigroup.com/forms/PASs/PAS-1365-2015/

*2  We have been promoting a project for evaluating dfcs since 2015. This project has included interviewing key persons who address dfc activities in Japan, analyzing the results of interviews using qualitative methods, and identifying the key elements and steps of action (level one is the basic step, and level five is the desired level of action). Additionally, we have repeatedly exchanged opinions with key persons making similar efforts around the world. Through these endeavors, we have agreed that “workplace participation in the community” and “the voices of people living with dementia” are important elements of dfcs, and have thus added them to the list of evaluation items.

 

< The project of evaluating dfcs >

The project of evaluating dfcs is part of the Dementia Friendly Japan Initiative (DFJI). The DFJI is a cross-sector collaboration initiative that aims to develop plans and take actions toward creating dfcs, services, and products. This initiative consists of multiple stakeholders, including healthcare experts, individuals in public and private sectors and academia, and people with dementia and their carers. We have promoted this project based on the key principle that “community evaluates itself” using a community-based approach. For more information on the project, check the following websites.

 

Regarding the DFJI (Japanese) see,

http://www.dementia-friendly-japan.jp

Regarding the details of the project (Japanese) see,

https://info.shaho.co.jp/iryou/column/201801/4656/

Copyright © 2018 100 demenitia friendly community All rights reserved.

Copyright © 2018 100 demenitia friendly community All rights reserved.