静岡県富士宮市

-Fujinomiya-

「もの作りが結ぶ“夢”」

‘ “The dreams” linked by manufacturing’

 富士宮市にある「木工房いつでもゆめを」は認知症の人が社員として勤務している有限会社です。「働きたい」「収入を得たい」「人の役に立ちたい」という働く場を求めていた認知症の人との出会いがあり、その気持ちに応えたいと2013年12月に設立しました。

 主力商品となっている木製の車いす用体重計は「軽くて使い勝手がよく、木の温かみがいい」と好評で5年間で340台を生産し、全国各地の介護施設等で活用されています。

 暮らしの一部に支えがいる人も、ここに来れば世話になる一方ではありません。真剣に作業に取り組むその姿は職人そのものです。50歳代の女性メンバーは、「先々の暮らしに不安を感じるが、一緒に働く認知症の先輩の姿を見て安心することもあり、とても良い」と話します。男性メンバーも「働くのが1番だ」「これで酒を飲む」と働いて得た対価で楽しみや生きがいを手に入れています。

 また、木工房主催のセミナーを毎年開催し、木工房で働く認知症の本人がそこで本音を語っています。関係者や地域に、本人の想いや願い、力を具体的に知ってもらうことで、認知症に対する正しい理解が浸透し、輪が広がっていることを実感しています。

 

 

 

Wood Atelier ‘Always dream’in Fujinom city is a limited company where persons with dementia are working as employees. This company was established in December 2013 for realizing the dream and the wish of the persons with dementia such as ‘I want to work’ ‘I want to get an income’ ‘I want to be of use for someone’.

We have produced more than 340 weigh scales, which is our main product and you can weigh with a wheelchair, for five years.

This product is so popular that many care facilities all over japan use this scale, which gets the evaluation like ‘this is light and easy to use and good at the wooden warmness’.

The persons who need a help partly can be of use in Wood Atelier ‘Always Dreams’. Each person here look like honestly just craftsman. The woman in her 50s says ‘I am anxious about my future life, but at the same time I am satisfied with secured feeling in seeing my colleagues with dementia are working here.’

Men say ‘To continue working is most important in the life’ ‘I will drink with the earnings. They got the joy of life and the meaning of life as well through working here.

Every year Wood Atelier ‘Always Dream’ hold a seminar, where the working persons talk their real feeling to the audiences. Through this seminar the participants get to know how the persons with dementia feel and what they wish and can do. As a result, this seminar makes the opportunity of getting know what is dementia and expands the relation among people.

人口

Population

約132,404人

approximately 132,404

高齢化率

Rate of aging

28.7%(2019年9月)

28.7%, in September 2019

模擬訓練写真
白光中学校生徒作成ポスター写真

課題

 認知症状が進行した場合に、いかに作業工程を工夫し仕事を続けていただけるかということに課題を感じています。

Problems

In the process of becoming severe of dementia, we feel the challenge how we can improve the task process to help them continue the work.

応援してほしいこと

 商品の価値をより多くの方に知ってもらい、必要としている方の元へ届けたいです。一緒に働きたいという要望に応えるため、仕事を増やしていきたいと考えています。

Key messages

We want more people to know our products’ value, and want to provide our products to almost all people who need it. This correspond the people’s wish who want to work here together.

 

みんなに対するメッセージ

 働くことで生きる張り合いを持ちながら日々を過ごすことができます。これからも“人の役に立つ”ということ、“人と繋がる”ということを、提供できる場にしたいと考えています。

 また、私たちの活動をモデルにしていただき、1人でも多く認知症の人が働ける場が全国各地に拡がることを願っています。

 

Message for all

Working creates the meaningful life.

‘To be of use for someone’, ’To link with someone’--- We want to work for this purpose continuously. We wish more working places for the persons with dementia may be created following us as a model.

その他活動に関するリンク

木工房「いつでもゆめを」

facebook

Link to other activities

Wood Atelier ‘Always dream’

facebook

連絡窓口

Contact person

木工房「いつでもゆめを」

下村彰宏

Wood Atelier ‘ITSUDEMO YUMEWO (Always Dreams)’ Akihiro  SHIMOMURA

メールでお問い合わせContact by e-mail

 

竹下一樹写真

Copyright © 2018 100 demenitia friendly community All rights reserved.

Copyright © 2018 100 demenitia friendly community All rights reserved.

模擬訓練写真
白光中学校生徒作成ポスター写真
竹下一樹写真
模擬訓練写真
白光中学校生徒作成ポスター写真
竹下一樹写真