menu

Reasonable Accommodation for Developmental Disabilities

アクセス

教育関係共同利用拠点

多様な学生支援e-learning

筑波大学DACセンターでは、多様な特性を有する学生支援に関する研修の場として、全国の高等教育機関の教職員向けのe-learningコンテンツを作成しています。

 

目的

多様な特性を有する学生への支援・対応について、学内外の有識者(研究者、実務家等)による最先端の多様な学生支援のコンテンツを公開し、学習の機会を提供しています。

 

参加条件・形態

・高等教育機関(大学、短期大学、高等専門学校等)の教職員が参加できます

・視聴にあたり費用はかかりません(e-learningはRADDネットの登録ページからの申し込みとなります)

・筑波大学の教職員であれば、統一認証システムによるログインで自由に閲覧が可能です

・個人単位での登録・ご視聴をお願い致します

 

公開済みのコンテンツ

・障害学生支援の現状と基本的な考え方 【竹田一則(筑波大学)】

・ASDのある学生に対する修学支援   【野呂文行(筑波大学)】

・ADHDのある学生に対する修学支援  【岡崎慎治(筑波大学)】

・SLDのある学生に対する修学支援   【三盃亜美(筑波大学)】

・発達障害のある学生への修学支援   【佐々木銀河(筑波大学)】

・発達障害のある学生と自己特性理解  【田中真理(九州大学)】

・発達障害のある学生へのアセスメント 【高橋知音(信州大学)】

・発達障害のある学生へのキャリア支援 【塚田吉登(社会福祉法人すいせい)】

・発達障害のある学生への合理的配慮に関連した法令の理解とコンプライアンス 【川島 聡(岡山理科大学)】

随時、追加コンテンツ(身体障害・LGBT等も含む)を作成予定です。

 

受講の流れ

  1. プレテスト(4問)を受ける(概論コースでは3問)
  2. 動画を視聴する
  3. 視聴後に確認テスト(4問)を受ける(概論コースでは3問)

詳しくは、下記【e-learningサイトのホームページ】よりご確認ください。

https://radd.tsukuba.ac.jp/

参加方法(下記のサイトより申込)

https://jp.surveymonkey.com/r/raddnet

(e-learningはRADDネットの登録ページからの申し込みとなります。RADDネットの詳細はこちらから)